風俗嬢って美人多すぎ

風俗への心構えの正解とは?

風俗への心構えて自分がとにかく気を付けていること。それは風俗は決して自分だけのものではないってことですね。他にもお客さんがいるんです。そして、女の子も大勢いるんです。つまり、自分本位に考えるのではなくて、最低限目の前の風俗嬢の事くらいは考えないとなって。もちろんお客という立場なので、至れり尽くせりで、まさにサービスをするかのように振舞う必要はないと思いますけど、だからといって高圧的に指示を出したり非協力的な態度では自分は満足出来るかもしれません。でもそれは性的なものじゃなくてちっぽけなプライドしか満たせないんじゃないのかなって思うんですよね。それよりも相手と楽しい時間を過ごしたいじゃないですか。だったら細かいことにこだわるんじゃなくて、広い心で風俗嬢と接して楽しんだ方が良いんじゃないのかなって思いますけどね。むしろそのくらい心に余裕を持って接した方が、結果的に良い時間を過ごせるような気がするんですよ。

優しさに救われましたよ

会社で怒られてばかりだとプライドが傷つくというよりも自分自身の存在意義を見失ってくるじゃないですか。自分なんて別にいなくても良いんじゃないか…みたいな。本当にそういった思考回路になっていってしまうんですよね。自分でもそれが面倒なことだって思いはありますけど、でもあれだけ喚かれたらさすがに多少は気にしますよね。そんな自分を癒してくれるのが風俗です。文字通り、身も心も癒してくれるし、そういっためんどうくさいげんじつを一瞬ではあっても忘れさせてくれるじゃないですか。それが何よりありがたいんじゃないのかなって思っています。それに、風俗のことを考えているだけでも現実逃避になるじゃないですか。ポータルサイトや風俗店のホームページ。これらを見て女の子のことや料金などを踏まえた上でシミュレーションしていると、それだけで日頃の嫌なことを忘れることが出来てありがたいなって気持ちになっていくものなんですよね(笑)